ホーム > 学部・大学院、附属施設一覧 > 応用生命化学 > 遺伝子制御工学 > 遺伝子制御工学研究室

教育分野の説明

 環境ストレスに対する生体の応答機構を、分子レベルより総合的に理解することを目的として、 分子生物学、細胞生化学分野の教育と研究を行う。生体膜の働き、特に物質輸送、エネルギー代謝、 情報伝達などに焦点を当て、遺伝子工学、蛋白質工学の手法を用いて、 新規の機能性分子の創成を目指す。